〒243-0112 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷148
  • 特大
  • 大
  • 標準

CT導入のお知らせ

 

当院では、平成25年9月1日(日)より、東芝製の4列CT装置を導入いたしました。

4列CT装置獣医療の高度化に伴いCT検査の必要性が高まっています。当院におきましては、これまでCT検査は二次病院を紹介してまいりましたが、飼い主様にとっては紹介先の施設が遠方であったり、予約待ち時間が長いなど少なからずご負担を強いることになっていたと存じます。今後はCT装置を導入することで、飼い主様や動物のストレスが軽減されますので、これによりホームドクターとして地域の飼い主様および動物の健康に貢献できれば幸いです。
あすなろ動物病院 スタッフ一同

CT検査が必要なケース

  • 腹腔内(お腹の中)に異常があるとき
  • 腫瘍の転移がないかを確認したいとき
  • 口の中に腫瘍が見つかったとき
  • 慢性的な鼻炎や鼻血が見られるとき
  • 急に後肢(後ろ足)が麻痺して動かなくなったとき

CT検査が有効な疾患(部位別)

  • 頭部:腫瘍、鼻炎、内~外耳炎、一部の頭蓋内病変
  • 胸部:腫瘍、肺疾患
  • 腹部:腫瘍、先天性肝臓疾患、消化管異物
  • 脊椎:椎間板ヘルニア、腫瘍
  • 骨格:骨折

動物におけるCT検査の注意点

●CT撮影時には麻酔が必要です

CTの撮影時間は10分程度ですが息止めなどの不動化が必要であり、動物の場合、全身麻酔を施してCT検査を行います。麻酔時の食物逆流による誤嚥を防ぐため、当日の食事制限(絶食)が必要です。

●麻酔の方法と危険性

CT撮影の麻酔は注射麻酔薬のプロポフォールと吸入麻酔薬のイソフルランを主に用い、必ず気管挿管を行います。当院ではCT以外にも年間200件以上の麻酔を実施し、過去10年間で麻酔中および直後の死亡率は約0. 1%です。麻酔の危険性は動物の状態が悪いほど高くなりますので、麻酔前に血液検査やレントゲン検査などで十分に状態の把握をすることが重要です。

●造影剤に対する副作用

より正確な診断を行うために造影剤を用います。造影剤の種類として副作用の少ない非イオン性のヨード剤を使用します。副作用として、ごく稀に、吐き気、かゆみなどの症状が見られることがありますので、しばらくは院内で十分に観察します。

●検査当日の流れ

検査当日の朝の食事は与えないでください(少量のお水は問題ありません)
    ↓
午前10時頃までに来院いただき、点滴を開始します(点滴はお迎え時まで行います)
    ↓
お昼からCT撮影
    ↓
夕方5時ごろにお返し

CT担当者の紹介

●獣医師(CT撮影/麻酔管理)
獣医師(CT撮影/麻酔管理)小島 健太郎  Kentaro Kojima

小島 健太郎 Kentaro Kojima
【資格】 獣医師/第1種放射線取扱主任者
【経歴】
H10 東京大学農学部獣医学科卒業
H10-12 東京大学農学部大学院農学生命科学研究科
    獣医学専攻中途退学
H12 東京大学家畜病院(現動物医療センター)研修終了
H13 小島獣医院勤務
H16 あすなろ動物病院非常勤

勉強部屋へ

●獣医師(画像診断)
新潟動物画像診断センター

坂大 智洋  Tomohiro Bandai
【資格】 獣医師/第1種放射線取扱主任者
【経歴】
H14 日本大学生物資源学部獣医学科卒業
H14-16 日本大学動物病院研修医(全科)修了
H19-21 日本大学動物病院放射線科勤務
H21-24 日本高度医療センター放射線科勤務
H24- 新潟動物画像診断センター代表取締役

新潟動物画像診断センター

  • ホーム
  • あすなろ動物病院の紹介
  • ドッグランの紹介
  • ペットホテル・トリミング・しつけ教室
  • アクセス